6月4日(日曜日)10時〜16時30分
(昼食休憩を含む)

主観写真の勉強会
1950年代初頭、オットー・シュタイナートが提唱した『Subjective Photography』 主観写真、(日本では『主観主義写真』と訳されていている)は「写真は物理工学の工業的な発達にともなってわずかな技術的助けを借りれば誰にでも撮れるようになった。だから写真は『主観』で撮らなければいけない」と言うものでした。誰が写真を撮っているのか?人なのかカメラなのか?シャッターを押せば綺麗な写真が撮れるようになった現在もう一度オットー・シュタイナートの提唱した『主観写真』について勉強します。

タイムスケジュール:9:30開場
10:00〜11:30 主観写真について
11:30〜14:00 昼食、屋外撮影(雨天の場合は教室内)
14:30〜16:30 講評会

会場:中目黒スクエア 9F

男女平等・共同参画センター 研究室

住所:東京都目黒区中目黒二丁目10番13号

アクセス:東急東横線・東京メトロ日比谷線

中目黒駅から徒歩10分 TEL 03-5721-8575
定員:6名
参加費:3000円
持ち物:カメラ、パソコン(お持ちの方)

お申し込みフォーム

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

お申し込みありがとうございました。

6月4日(日曜日)10時〜16時30分
(昼食休憩を含む)